IPL脱毛を安全に自分で行う方法

DIYで最も厄介なものの1つは、おそらく脱毛でしょう。もちろん、家庭で脱毛はできますが、正しくできていますか?ありがたいことに、様々なライフスタイル、体毛タイプ、肌タイプの女性向けに多くの方法があります。脱毛しないという選択肢もあるのがすごい。他の可能性は、シェービング、ワックス、脱毛クリーム、およびDIYのIPL脱毛です。

IPL?自宅で?危険な感じがしますね。正直なところ、大丈夫だと思います。肌を焼いたり、赤みや炎症を起こしたりする危険性がないわけではありませんが、注意して施術すれば問題はないでしょう。品質の良いIPL機器を使っていなかったり、正しい使い方を知らなかったりすると問題は起こるのです。自宅でIPL脱毛をするときは、信頼できるブランドの機器を使い、説明書をよく理解してから施術するようにしましょう。

IPL脱毛の動作内容

家庭用IPL脱毛器はプロ用ほど強力ではないので、気長に施術回数を重ねましょう。
IPLはインテンス・パルス・ライトの略です。脱毛はその最も一般的な使用方法ですが、それはまた、スパイダースキンを減らし、肌の質感や色素沈着を改善するのに役立ちます。IPL装置は、皮膚の上を通過する際にメラニンをターゲットにします。光は、メラニンが最も濃縮されている毛包に当たり、毛を作り出す毛乳頭を壊します。結果が出るまで、6回の施術が必要な場合があります。

IPL脱毛器の長所と短所は?
IPL脱毛器は、あるていど毛のない状態にするための迅速かつ簡単な方法です。IPL脱毛器の購入は投資であって、信頼できるブランドの基本的なキットを選ぶようにしましょう。自宅でIPL脱毛器を使用することの利点のいくつかは、スムーズな脱毛施術、滑らかで明るい肌、そして使用するたびに徐々にムダ毛が生えにくくなる。さらに、最も嬉しいのは永久的に生えなくなる場合が期待できることです。より広い範囲を照射できる機器もあります。

IPL脱毛器での施術後に赤み、圧痛、および腫れの状態を経験する事が一般的に起こりえます。ですが、それは2から3日で治まります。また、若干の色素沈着が見られるかもしれませんが、これらは時間の経過とともに薄くなっていきます。IPLは、メラニンをゼロにするので、明るい肌色と黒い毛に最もよく効きます。肌の色が明るければ明るいほど、色素を見つけやすくなります。ですが、このことは弱点にもなっていて、IPLは肌の色が明るいほど色素を見つけやすく、肌の色が濃いとメラニンが光を吸収してしまい、やけどの原因になります。

じぶんクリニック 機械