クリーニング剤の種類

女性ならだれでも関心があるのは「美しさ」ですね。そしてクレンジングは美しさの基本とも言えるのでとても大切です。

クレンジングの重要性を物語るひとつの要素として、商品の種類の豊富さがあります。クレンジングオイルをはじめ、数多くのクレンジング製品がどんどん開発されて、次々と販売されています。

クレンジングはメイクを落としやすいように形状ごとに分類されています。ローション、ジェル、クリーム、オイルの4種類あります。ひとつひとつ説明していきます。

「ローションタイプ」は、リキッド状のクレンジングです。そのため、塗布する際はコットンに含ませてメイクをふき取ります。水の使用を省略できる点で便利ですね。

「ジェルタイプ」は、ローションタイプよりもやや粘度が高く、単独で使用できるクレンジングタイプです。粘性が高いといっても固いわけではなく、塗るとすぐに液状になります。さっぱりとした使用感が人気のクレンジングですね。

「クリームタイプ」は、クリーミーでもちもちしたテクスチャーです。粘度はジェルよりかなり強く、油分も強いです。ですから塗布後にさらに伸ばすことができます。

そして最後は「オイルタイプタイプ」です。みんな大好きクレンジングオイル、ですね。このクレンジングオイルの特徴を見ていきましょう。

クリーニングオイルの成分は主に油です。商品によって多少異なりますが、約80~90%が油分と言われています。

ですからメイクとの密着性が高く、付着性の強いメイクも簡単にオフすることができて高い洗浄効果を発揮します。また、メイクアップには親油性の高い物質が多く含まれていることも効果の高い要因です。

クレンジング剤の好みは人それぞれですが、時代の流行もあれば、年代的な好みもあります。しっかりメイクを落としたいし、お肌には負担をかけたくないし、できればコストも抑えたいし、新商品も試してみたいし…。

たかがクレンジング、されどクレンジング、といったところですね。女性には大きな関心ごとです。
ユレイルクレンジング 最安値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です