育毛剤と発毛剤を使い分ける方法

発毛剤と育毛剤とは2つとも薄毛などの対策として使われており、うり二つのように感じられますが狙いや効果のほどが異なります。
発毛剤というのは、髪の毛の毛包(毛を作り出す部位:特に毛根)に刺激をもたらして、髪の毛が抜け落ちた頭部の肌にこれまでなかった髪の毛を生やす効果を発揮します。

発毛剤には「ミノキシジル 」というような成分が一緒になっていて、日本で言うならば1つだけ、髪の毛を生えさせる成分の外用薬として認可されているのです。
その一方で、育毛剤の効果としては、現在の髪の毛がいまだに自然に生えている頭部の肌を衛生的にキープし、髪の毛がぶっとく長く、一層たくましく育ちやすい環境を整備します。メカニズムからすれば、髪の毛が少ない状態の原因物質の生成をシャットアウトして、これ以上の髪の毛が少ない状態(抜け毛にブレーキをかける)への対策に効果が期待できます。こちらには、ミノキシジルは含有されておりません。

このような発毛剤と育毛剤の効果のほどが異なるところは、発毛剤にだけ入っている「ミノキシジル」 という発毛成分によります。
発毛剤か育毛剤いずれを使用したら好ましいのかを頭皮の状態別に解説します。

育毛剤と発毛剤というのは、髪の毛の状態や狙いによって分けて利用することが重要になります。
育毛剤というのは、残っている髪の毛を育て上げて頭部の肌のコンディションを正常な状態に戻します。そういう背景から髪の毛のボリューム低下、毛髪の太さや強さが弱いということが気になる場合は、育毛剤がおすすめです。

これに対して、髪の毛が少ない状態で頭皮が目立つ場合、シャンプーや朝起きた時など脱毛がジワリジワリと多くなってきた場合には発毛剤が推奨されます。

発毛剤、育毛剤に共通する副作用としては、サンプルのおよそ10パーセント程度でありますが、皮膚の炎症が起きて、頭皮のかゆみ、かぶれ、発赤があげられます。
それから、ミノキシジルは降圧薬として開発された経緯があるため、高血圧がある方はお気をつけ下さい。

ヘアバース 成分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です