介護用ポータブルトイレの選び方

かろうじて立ち上がることはできても、トイレまで歩いていけない場合
冬に寒いトイレまで何度も行かせたくはない場合
夜間にトイレまでいかせるのイは心配な場合
そんな時に室内で使えるポータブルトイレが重宝します。

そこでポータブルトイレの選び方も知っておきましょう。
①ベッドから移動し茶錘場所に置けるか?
②トイレはベッドと同じ高さの選ぶと身体の移動が楽になる
トイレとベッドの高さは腰を掛けた時に足がきちんと床つく高さに合わせておきましょう。
低い場合はひっくり返る恐れもあります。
③安定性を高めるために、壁田ベッドの足に密着させて、便器が動かないようにしましょう。
取り付け式の手すりやひじ掛けがあるポータブルトイレもあります。
④麻痺のある場合は麻痺ば外側にポータブルトイレは置きましょう。
⑤ベッドからポータブルトイレに移動する際につかまれる柵(ベッドサイドに取り付ける小さな柵)があるといいです。
⑥やせ型の人や小柄な人は小さめのサイズの物を、太っている方や体格の大きい人は大きめのサイズのポータブルトイレを選びましょう。
⑦トイレットペーパーの置く位置もも良くy考えておきましょう。
⑧リラックスして用を足せる工夫をしましょう。
例えば
カーチェンやついたてなどでまわりから見えないように仕切ってあげる。
ニオイが気にならないように消臭材や芳香剤を使用する
などがあります。

介護される人にとって、ポータブルトイレを使用することはとても遠慮することでもあります。
自分の用の足したもの(排泄物)をたとえ家族であっても他人に見られるのはすごく艇庫王のあることなんです。
だからこそ、さりげなくポータブルトイレの導入は行ってください。
ポータブルトイレはを使うのは足り前のこと
排泄物を処理するのを気にしていないこと
そんな雰囲気を醸し出すようにしてください。

また今はポータブルトイレもかなり進化しているモノもあり、消臭機能の高い物もあります。
介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です